続きは夢の中で

後輩が明晰夢の話をしていた。

夢の中ではっきりと「これは夢だ」と認識できた時、自由に夢の中で行動できるというものだ。

 

私は小さい頃からほぼ毎日の様に夢を観ている。

人間は誰しも毎日夢を観るものだが、眠りの深い浅いによってそれを覚えていられる日と忘れてしまう日があるという説が本当ならば、私は世界トップレベルの眠りの浅さだという事になる。

「言うなれば、睡眠界の◯◯◯だ!」などと気の利いた例えが出来れば良かったのだが、トップアスリートなどにからきし興味がなかった故、上手く浮かばなかった。無念。

(ググったら、低空飛行機撃破章なるものを見かけたので、代わりと言ってはなんだけどここに記す)

 

兎に角、夢ばかり観るのだ。

それも大抵が悪夢ときてる。

どう言った具合に悪夢なのかというと、明晰夢と真逆の状況と言えるだろう。

なにか切羽詰まってやらなきゃいけないことを強いられているのに、身体が思う様に動かない。(考えてみれば脳だけが現実だと勘違いしていて、身体は全く動いていないのだから、当たり前なのだろう。) 気づけばリミットやら、取り返しのつかないことやらが迫ってきてひたすらに焦るというパターンが大体を占めている。

 

小さい頃は、化け物に追いかけられて、必死に逃げたいのだけどどれだけ足を動かしても前に進まなかった。

今日観たものは、ヒーローショーの為に着替えなきゃいけないのにいつまで経っても袖に腕が通らないとかそんな感じ。

 

勿論、最終的な焦りや不安や恐怖の状況は1つなのだけれど、そこに行くまでにも本当に沢山の物語を通過する。

だから誰かに上手く説明することが出来ないのだ。

 

起きてみると、絶対にありえない様なとんでも理論でも、夢の中ではそれが常識だと信じて疑わないのは何故なのだろう。

朝になって「あの時、なんで納得したんだろう…?」不思議に思う。

 

夢が、脳によるこれまでの経験の整理の過程に観るものという説もある。

でも、これが正しいのならば、当然現実の常識が脳内でも反映されそうなものだけれど、その傾向は比較的みられない。

現実の制約から逃れたならば、「本当はこうあるべきなんじゃないか」と脳が勝手に作り上げているのだろうか。

 

この創作という点。思い当たることはある。

私は元来、「デジャブ」というものを感じることが異常に多い。

何度思い出してみても、その場所に来た経験などないところを見たことがある気がするし、当たり前だが今、初めてした会話を「前にもこの場所でこの会話をしたな」と感じる。

 

このデジャブの仕組み、本当に気になる。

場所に関しては雑誌やテレビで見たことがある程度のことなのだろうか、でも会話は説明がつかない。(場所に関しても見たことがある、という感覚は3Dのものである確信はあるので、こちらにも当てはまらないと思っているのが本音である)

ならば、脳がたった今需要した記憶を過去のものと勘違いしている、エラーのようなものなのだろうか。

 

それとも、とても詩人的な発想に頼るならば、

本当に夢で一度観ている、なんてオカルトなのだろうか。

 

 

過去の整理に話を戻せば、登場人物も謎めいている。

小、中、高、大学のなんの接点もない友達が全く違和感なく接している様子などざらであり、今更突っ込む気力もないのだけれど、

「なんで今更この人が?」という経験はいつしても考え込んでしまう。

例えば、高校時代の元恋人であるとか、すっかり存在を忘れてしまっているような人。

 

最近深い関わりを持った人ならば理解出来なくもないけれど、昔の知り合いだと「一体いつの過去を整理してんだよ」と笑ってしまう。

 

たまたま目にしたネットの記事で「夢に誰かが出てくるときは相手も自分のことを考えている時」だというとんでもポジティブ理論を目にして思わず脱力してしまった。(平安時代というハイパーロマンティック世界の説らしいので納得したが)

 

それが本当ならば夢に出てくるあの子はたまには俺の事を考えてくれているなんて凄い事だなぁ。どうにかしてその真意を確かめることが出来ればいいのに。

 

もう一度話す機会があるならば

あの日観たのは確かに悪夢ではなかったよ。

ただそれだけの話をしようと思う。

 

 

今夜はどんな夢をみるだろうか。

BUMP OF CHICKENの睡眠時間を聴きながら