あたたかいジュース

こんばんは

3日ボウズだって3日は書くので更新します

最近は大学の軽音サークルのライブの為に練習をしてます。arctic monckysをやるよ。高校から大好きなバンドなので嬉しい。

mardy bumという曲をやるのだけれどこれは素晴らしい。凝ったプレイはないのだけれど一発聴いただけで頭の中で鳴り止まないようなポップで切ないギターメロと軽快なリズムと斬新なコード。ライブ動画では会場中の客がメロを合唱するのだけれどとてつもなく感動してしまうまぁ凄い曲。

タイトルは泣き言をいうという意味なのだけれどぴったりの歌詞だしいうことなしだなぁ。アレックスは凄い(イケメンだし)

ギターボーカルをするときアレックスの立ち方とか歌い方をわりと真似してるんだけれどちょっと前に友達に遂にそのことを指摘されて少し恥ずかしかったり嬉しかったり複雑な気持ちになりました。


これから借りてたDVDが返却日なので返しにいって何か借りてこようと思う。何がいいだろう。

ずっと邦画派だったのけれど最近は洋画の方が好きになりました。

邦画は身近で洋画は壮大。(当たり前)

邦画の方がより自分の投影を出来るから切なさとか虚しさが浸透する。観終わった後の喪失感(何かを得た筈なのに喪失とは不思議な事ですが)が日常のやる気に影響するから忙しい時の現実逃避になったりならなかったり。良くも悪くも考えさせられるので暇なときは気分じゃないのかな。

洋画の無敵感は何なんでしょうね。

ステキなことを唯々ステキとだけ伝えてくれる。物語だけを摂取できる。とっても楽だし、嫉妬(そんなこと考えられるなんてずるい的な)もしない。きっと遠い世界だからですね。

というわけで多分また洋画を借りてくるよ!

因みに返すのは「カッコーの巣の上で

今更かい!ってくらい名作ですが今更みました。ええ。

ロボトミー手術って怖いなとね笑

周りとの逸脱者、協調性のない人間は割と苦手なので見てて苦しくなりました。(映画はそういう人いっぱいいるからよくある)

空気読もうよ…って思います。でも空気ばかり読んできた私の人生は退屈極まりないものですね。もっとクレイジーに生きたい!いや、いいや笑

昔から毎日の様に夢を見るのですが最近はとっても沢山寝ているのでとっても沢山見ます。

夢と現実がごっちゃになりますね。夢の方が本当は現実でこっちが夢だったらどうするってよくある想像ですが、実際、現実(仮にこっちが現実として)にいるときは現実しか知覚出来ないのだから全然わかりませんね。本当にそうかもなとも思います。だとしたら本当の私(夢の私)はあんまり寝てないですね。頑張りすぎないで欲しいです。

平行世界があるなら他の自分はこの自分より幸せじゃないといいなと思うか幸せであってほしいなと思うかで性格ははっきり出ますね。私がどっちかは秘密です。

タイトルのあたたかいジュースはムーミンの谷の冬に出てきます。あたたかいジュースってどんなジュースなんでしょうね。江國香織も言ってます。気になります。

それでは

トーベヤンソンに憧れるアヅマでした